年末年始の営業について

 依然、道内の新型コロナウイルスの蔓延が予断を許さない状況にあることから、12月の営業は、感染者数の推移を見計らいながら決定します。

 今年は、新型コロナウイルスと政府の無策に翻弄された一年でありましたが、ここまで皆様のご協力により、生徒さんとそのご家族、教室スタッフに感染者が発生しなかったことは何よりでした。誠にありがとうございました。

 ワクチンが開発生産に至ったこと、抗体を獲得すれば、多くの人が6ヶ月以上免疫を持続することができるなど、わずかですが、暗い闇の中に一筋の光明が見えてきました。皆様の命と健康を守るため、そして医療関係者への負担を軽減するためにも、コロナ禍収束まで感染防止対策に油断なきよう過ごしましょう。

              記

 a)道内での感染急拡大の場合            : 即日休業

 b)胆振管内での感染者増加の場合(過去7日間平均) : 12月14日(月)から休業

 c)感染者数が減少傾向にあるか、小康を保っている場合: 12月28日(月)から休業


 2021年は、1月18日(月)から営業再開します。


1205_感染者数推移
.pdf
PDF • 411KB

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胆振管内感染者数推移(3月8日現在)

胆振管内の感染者数推移をまとめました。 胆振管内感染者数のピークは、道内及び札幌市感染者数のピークから遅れて発生しました。1月下旬以降、胆振管内での新規感染者数は、連日5人/日を下回っています。2月下旬に道内感染者数が底打ちし、3月上旬には増加しているように見えます。 過去7日間平均(胆振管内)は、2月6日に2.0(人/日)を下回り、以降1.0前後で上下しています。

森発言に思うこと

2021年2月3日、日本オリンピック委員会の臨時評議員会において、大会組織委員会会長の森喜朗は、人々の怒りを煽り立てる発言を連発しました。 曰く、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が高い」「私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ?7人くらいか。7人おりますが、みんなわきまえておられて」と! これまで女性が発言する機会をどれだけ奪われてきたと思って