抗体、抗原検査結果について

 2020年12月31日、抗原検査を実施しました。現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを判定するための検査です。結果は、陰性でした。

 唾液採取による、ご自宅でできる検査です。結果判明まで15分。

 次回は、レッスン開始日1月6日に実施予定です。



 2021年1月3日、抗体検査を実施しました。過去に、新型コロナウイルスに感染していたかどうかを判定するための検査です。結果は、陰性、ということは、「ウイルス未感染」」です。

 血液採取による、自宅でできる検査です。結果判明まで15分。

 説明書によると、「感染初期」、「感染中〜後期」、「感染後(免疫状態)」もわかるようです。次回は、ワクチン接種後に実施予定です。

 注意することは、キットを室温に合わせること。凍結させないこと。使用期限が12ヶ月以内ということ。開封後、24時間以内に使用すること。

 関係者で、検査を検討されている方は、幾分か余裕がありますので、お申し出ください。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胆振管内感染者数推移(3月8日現在)

胆振管内の感染者数推移をまとめました。 胆振管内感染者数のピークは、道内及び札幌市感染者数のピークから遅れて発生しました。1月下旬以降、胆振管内での新規感染者数は、連日5人/日を下回っています。2月下旬に道内感染者数が底打ちし、3月上旬には増加しているように見えます。 過去7日間平均(胆振管内)は、2月6日に2.0(人/日)を下回り、以降1.0前後で上下しています。

森発言に思うこと

2021年2月3日、日本オリンピック委員会の臨時評議員会において、大会組織委員会会長の森喜朗は、人々の怒りを煽り立てる発言を連発しました。 曰く、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が高い」「私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ?7人くらいか。7人おりますが、みんなわきまえておられて」と! これまで女性が発言する機会をどれだけ奪われてきたと思って

胆振管内の感染者数は増加傾向

日頃より、教室の感染防止対策にご協力いただき、誠にありがとうございます。 北海道内および札幌市の新規感染者数は、減少傾向にありますが、添付ファイルにありますように、胆振管内の過去7日間平均数は、増加傾向を示したいます。まさに、「水は高いところから低いところに流れる」です。首都圏から札幌へ、札幌から地方へと人の移動により、ここ胆振管内では、一層強く警戒しなければならない状況といえるでしょう。 報道に