胆振管内の感染者数は増加傾向

 日頃より、教室の感染防止対策にご協力いただき、誠にありがとうございます。

 北海道内および札幌市の新規感染者数は、減少傾向にありますが、添付ファイルにありますように、胆振管内の過去7日間平均数は、増加傾向を示したいます。まさに、「水は高いところから低いところに流れる」です。首都圏から札幌へ、札幌から地方へと人の移動により、ここ胆振管内では、一層強く警戒しなければならない状況といえるでしょう。

 報道にありますように、新型コロナウイルス感染の後遺症が長く残る場合もあるようです。新型コロナウイルスには感染しないのが一番です。

 当教室では、レッスン再開(2021年1月6日)の2日前から2回、「抗体検査キット」により陰性を確認の上で勤務いたします。

 来年はワクチンの安全性が確認され、新型コロナウイルスの蔓延が終息しますように。


20201221_胆振感染者数推移
.pdf
PDF • 485KB

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胆振管内感染者数推移(3月8日現在)

胆振管内の感染者数推移をまとめました。 胆振管内感染者数のピークは、道内及び札幌市感染者数のピークから遅れて発生しました。1月下旬以降、胆振管内での新規感染者数は、連日5人/日を下回っています。2月下旬に道内感染者数が底打ちし、3月上旬には増加しているように見えます。 過去7日間平均(胆振管内)は、2月6日に2.0(人/日)を下回り、以降1.0前後で上下しています。

森発言に思うこと

2021年2月3日、日本オリンピック委員会の臨時評議員会において、大会組織委員会会長の森喜朗は、人々の怒りを煽り立てる発言を連発しました。 曰く、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が高い」「私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ?7人くらいか。7人おりますが、みんなわきまえておられて」と! これまで女性が発言する機会をどれだけ奪われてきたと思って